WEB制作・ファッション・インテリア・デザインに役立つカラー配色事典

HOME > 女性的な配色

配色メニュー

カラフルな配色華やかな配色清楚な配色暖かい配色冷たい配色若い配色和風な配色女性的な配色奇抜な配色


業種別配色パターン例
ライン

ショップ
官公庁
住宅・不動産
企業
ブライダル

 

写真を分解してみよう
ライン

青空
食品

動物
オフィス

 

同系色を使った配色
ライン

赤系
青系
緑系
オレンジ系
ブラック系

 

その他の配色
ライン

南国風
子ども向き

 

配色関連の本はコチラ 

 

相互リンクサイト
ライン

天然石アクセサリーショップ
FKM Search
ネットショップノウハウ
FKM.WEB(WEB制作)
ふくみみ猫と戯るる
FKM PHOTO DL フリー写真
猫まち!-携帯待受-
猫ふり!-写真素材-
猫と晩酌
NO! Scales計量カップレシピ

【PR】
国内最大エリアのインターネット回線。「フレッツ」

【PR】毎朝食べたい朝パスタ

【PR】

FKM.WEB

白猫のハク様



【PR】無料サイト

猫写真の待受サイト


猫のデコメサイト

 

 

女性的な配色

 

健康的な配色とエレガントな配色

女性が好む色の代表として、赤やピンク、オレンジなどの色がありますが、これらは流行に大きく左右されます。女性的な色は年代によっても差がありますが、あらゆる年代に共通して好まれるのはピンクや薄い茶色、薄い紫など明度の高い色です。年代が上になると、明度の低い暖色系が好まれるようです。若々しい健康的な配色から妖艶でエレガントな配色まで、女性をイメージする配色をご紹介します。

 

main
#FFFFCC

 

sub
#CCFF99

 

main
#F3B1D2

 

sub
#FFDCD9

 

main
#FFB7BA

 

sub
#C2F392

 

main
#FFFFCC

 

sub
#CCBC6A

 

main
#F3B1D2

 

sub
#994874

 

main
#FFDCD9

 

sub
#CC6F40

 

main
#994874

 

sub
#FFDCD9

 

main
#B9D4E8

 

sub
#B03D66

 

main
#4D004D

 

sub
#F3B1D2

 

main
#FFCC00

 

sub
#FFDCD9

 

main
#F3B1D2

 

sub
#4B2500

 

main
#B03D66

 

sub
#994874

 

main
#E53253

 

sub
#CC6F40

 

main
#B03D66

 

sub
#6F492F

 

main
#E53253

 

sub
#6F2D1D

 

main
#FFDCD9

 

sub
#D7D7D7

 

main
#994874

 

sub
#D7D7D7

 

main
#F3B1D2

 

sub
#000000

 

▲TOP

main
#FFB7BA
sub
#FFFFCC

sub
#99E969

main
#CCFF99
sub
#7DC4E8

sub
#FFDCD9

main
#FFB7BA
sub
#FFFFCC

sub
#F3B1D2

main
#FFBEA3
sub
#7DC4E8

sub
#F3B1D2

main
#B9D4E8
sub
#994874

sub
#FFDCD9

main
#FFBEA3
sub
#CCFF99

sub
#5A89A7

main
#73AB3B
sub
#7DC4E8

sub
#FFDCD9

main
#FFBEA3
sub
#5A89A7

sub
#F3B1D2

main
#B9D4E8
sub
#B03D66

sub
#FFDCD9

main
#E53253
sub
#FFDCD9

sub
#CC6F40

main
#FFB7BA
sub
#B85D40

sub
#A13A0E

main
#FFBEA3
sub
#A74D2D

sub
#7A3821

main
#726EA7
sub
#B03D66

sub
#E53253

main
#B03D66
sub
#FF698E

sub
#994874

main
#B03D66
sub
#FF698E

sub
#593D28

main
#FF4602
sub
#FFB7BA

sub
#B85D40

main
#FF7A4F
sub
#FFB7BA

sub
#B85D40

main
#E6290B
sub
#FF6E74

sub
#A13A0E

 

▲TOP

 

Copyright (C) 2005-CurreentYear FKM WEB. All Rights Reserved.

子供の頃、赤や黄色、オレンジやピンクは女の子色、青や緑、紫などは男の子色などと教わった年代の私ですが、今はあまりそういう事を気にせず、感覚的に好きな色をオシャレに取り入れている人が多いですね。ランドセルなどをみても、男の子でも黄色やオレンジを背負っていたりします。しかし、人々の心のどこかに普遍的な男女の色が存在しているような気がします。男性用製品に、赤やピンクを使った商品って少ないですよね。商品をアピールする場合、この普遍的な男女色ってけっこう重要です。色ひとつで商品の売れ行きが違ってきます。色や配色は、潜在意識に訴えかけるメッセージとして絶大な効果があると思います。